2019年1月19日(土) 受付 8:00~

【第1会場】

<午前>
8:30~11:30 MDICセミナー
      ①病院における医療器具の整理整頓
      ②気道管理器具の適正使用
      ③全身麻酔と気道管理
      ④ME機器データベース活用
      ⑤人工呼吸器の適正使用

本セミナー受講により、MDIC(医療機器情報コミュニケータ)認定の更新「5」ポイントを取得できます。終了後に受講証明書を発行いたします。この機会に是非、ご受講ください。

11:45~12:45 ランチョンセミナー 

<午後>
13:00~ 会長挨拶
13:05~13:45 海外特別講演
13:45~16:45 シンポジウム「手術室外の気道管理の現状」
      ①手術室外で求められていること
      ②ビデオ喉頭鏡の登場
      ③心臓カテーテル室における気道管理
      ④内視鏡室の安全管理声門上器具
      ⑤院外での気道確保
      ⑥手術室外での鎮静における気道管理
      質疑応答(60分)

【第2会場】

<午前>
9:30~11:20 一般演題(口頭、ポスター)

<午後>
13:00~16:00 看護師向けセミナー
      ①医療安全における気道管理の重要性
      ②病棟における気道管理の実例
      ③気管挿管の介助
      ④急変時の対応
      ⑤将来の展望

【第3会場】

9:45~11:45 ハンズオンセミ ナー(ambuセミナー) 定員:20名

 気道管理は全職種が身につけるべき必要な手技であるにかかわらず、学ぶべき場所が少ないのが現状であります。本学会では気道管理に必要な知識を各職種に分けて提供しております。
 医師向けのハンズオンでは手術室外での気道管理をチームとしてどのように機能させるかをハンズオンとケースシナリオを用いながら学ぶより実践的な内容です。

【第4会場】

9:45~11:45 ハンズオンセミナー(看護師向け) 定員:20名

 気道管理は全職種が身につけるべき必要な手技であるにもかかわらず、学ぶべき場所が少ないのが現状であります。本学会では気道管理に必要な知識を各職種に分けて提供しております。
 看護師向けのハンズオンでは手術室外で気道管理が必要になった時に看護師さんとしてどのようにサポートしていくのかを学び内容です。
 「挿管器具の準備方法」「効率的なマスク換気方法」「気道確保補助器具の使用」「挿管実習」の4点を中心に学びます。